後遺症を支える保険

後遺症が起きることで発生する保険金についてはいくつか種類が挙げられますが、主に、このような保険金を受け取ることが出来る傾向があるでしょう。

まずは、逸失利益費目です。こちらは、障害が起きることが無ければ損失をすることが無かった分の利益が上げられますが、主に仕事に関しての事柄が挙げられるといえるでしょう。後遺症を患ったことで仕事が出来なくなった、仕事の内容を変えざるを得なくなり、給与が低くなったなどがこちらに該当し、その分の損益を賄われる可能性があります。

次に、後期障害慰謝料です。こちらは後遺症がもたらされることによって受ける、身体的、精神的ストレスなどが挙げられます。等級認定されることで入院や通院費とは別に受け取ることが出来る慰謝料で、主に、交通事故の被害者などがこちらのタイプに当てはまるといえるでしょう。

他にも、医師が必要性を認める費用であれば、請求を出来るケースが数多くあります。例えば、義肢装着にかかる費用や、生活にかかる損益分の費用、病院まで通う交通費なども対象になることが多いようです。賠償の対象となるものは保険の種類やその時の状況によっても異なりますが、後遺症の方の中には、こうした費用を受け取ることが出来る場合もあるでしょう。

外部リンク《交通事故の慰謝料無料相談 – 交通事故被害者救済サイト》